HOME > Pascoの通販の梱包につきまして
お客様より「梱包が過剰すぎる」「もっと簡易梱包で」というご意見を時々いただきます。
中には、「こんなに段ボールを使って、エコじゃない!」とお叱りを頂戴することもしばしば。
以下、Pascoの通販へ寄せられたお客様の声の一部です。(原文のまま掲載しております)



もちろん、「梱包が丁寧だ」「商品を大事に扱っているのが良く分かる」といったうれしいお褒めの言葉をいただくこともあります。
私たちが取扱う商品は、パン・洋菓子など形の崩れやすい非常にデリケートな商品です。できるだけ小分けして梱包し、大切なお客様の商品が過酷な宅配便の道中でも型崩れしないよう日々努めております。
ただ、そうなりますと必然的に段ボールの使用量も増えてしまいます。届いた段ボールをみて、「過剰梱包だ」と感じられるお客様がおられるのは当然だと思います。

しかし、段ボールは“リサイクルの優等生”と呼ばれるほど、とても環境負荷の低い包装資材なのです。
日本では段ボールのリサイクルシステムが確立されており、回収率は2009年には100.6%(段ボールリサイクル協議会調べ。製品の輸出入に付随する段ボールを含む)となっており、段ボール原紙の古紙使用率は90%を超えます。
自治会や子供会などの自主回収、自治体などの収集作業によって、流通するほとんどの段ボールが古紙回収業者を通じて製紙工場などで再生されているのです。

※段ボールの回収率=段ボール古紙実質回収量/(段ボール原紙消費量+輸出入商品用)




日本が世界に誇れるとても優れたシステムだと思いませんか?
万が一、リサイクルされずに放置された場合でも最後は土に還ります。段ボールは決して“ゴミ”にはならない優れた梱包資材です。もちろん「段ボール自体、置いておく場所がなくて邪魔だ」というご指摘をいただくと、返す言葉がありませんが・・・
お手元に届いたPascoの通販の梱包状態をみて、「商品を大切に扱っているんだな」と感じていただけたら幸いです。