なごやんとは

なごやんの歴史

名古屋を代表する銘菓として、多くのお客さまに親しまれている「なごやん」。ほんのり甘く、やさしい風味。お子さまからお年寄りまで、どなたにも喜ばれるおいしさは、常に変わらぬ人気を誇っています。昭和32年、貴重だった砂糖や卵をふんだんに使い、カステラ風に焼き上げた製品を「金鯱まんじゅう」と命名し、好評を得て、翌年の昭和33年に「なごやん」と名称が変更されました。由来としては「原料に名古屋コーチンの卵を使っていたから」「名古屋人という意味の名古屋MANをもじった」など、諸説あ

なごやんの魅力

1日に10万~12万個を世に送り出すPascoのロングセラー商品「なごやん」。
毎日、大量に作るからこそ、安価にご提供することができるのです。
常に厳しい品質チェックを行い、安全・安心で誰からも愛されるおいしさは
自信をもっておすすめできる人気商品です!

  • 名古屋市優秀観光名産品認定
  • なごや土産品デザイン優秀賞認定
  • 愛知の物産展出品

「なごやん」は、
これまで数々の賞を受賞してきた“実力派”でもあります。

なごやん

昭和44年以来、現在まで「名古屋市優秀観光名産品」として認定されているほか、
平成2年には「なごや土産品デザイン優秀賞」を受賞。
さらに平成3年には、天皇皇后両陛下もご覧になられた
「愛知の物産展」に出品するなど、食品界で大きな注目を集めてきました。
現在では、旅行や帰省のお土産として、全国規模のファンを獲得している「なごやん」。
Pascoのオンラインショップで、昔懐かしいあの味を是非一度お取り寄せしてみてはいかがでしょう。

  • 単品購入
  • おまとめ購入

製造工程のご紹介

  • 1

    カステラまんじゅうの生地を作り、砂糖、卵、
    ハチミツシロップなどで仕込んだ蜜を混ぜ合わせ、 ゆっくりと一晩寝かせて馴染ませます。

    寝かせることでよりおいしい生地ができます。

  • 2

    柔らかく練り上げた黄味あんをカステラ生地で
    包みます。

    目がまわるような速さで次々に包まれていきます。

    工程写真
  • 3

    丸く均一に整えます。

    素朴でシンプルなまんまるななごやん
    どこか懐かしさを感じるこの形も人気の1つ。

    工程写真
  • 4

    表面の照りを出すため、霧吹きで水を噴射し、
    ゆっくりとオーブンで焼き上げます。

    長いトンネルオーブンを抜けると、
    香ばしく甘い香りが立ちこめます。

    工程写真
  • 5

    スパイラル式のコンベアをゆっくりと流れて、
    冷まされます。

    ゆっくりと粗熱をとる為に長い行列を作るなごやん。

    工程写真
  • 6

    脱酸素剤と一緒に袋に詰めます。

    一列になって包装機を抜けると、おなじみのあの姿に。

    工程写真
  • 7

    脱酸素剤の有無、規定重量、穴開きの有無、
    金属探知などの厳しい品質チェックを経て、
    はじめて商品となります。
    一日におよそ10万〜12万個作られます。

    徹底した品質チェックを行なっています。

    工程写真
  • 8

    すべてオートメーションで、ラベル貼り、
    箱詰めなどが行われて出荷されます。

    規定の数量ごとに詰められ、
    出荷されていきます。

    工程写真
  • 単品購入
  • おまとめ購入